オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら
  • 2017年7月21日

    黒姫実習4年

    syokubutsuen

    4年生の植生調査実習で黒姫に行ってきました。 4年生にとっては3年ぶりの黒姫。 実習所周辺や植物園をまわって、太平洋側とは違う植生や植物相を調べていきます。 実習所ではコドラートをつくり、あらたな試みも。   夜はお楽しみ。久々のライトトラップ。 天候にも恵まれ、いろいろ集まってきました。 ヘビトンボ、トビケラ、カゲロウのような水生昆虫系から 蛾類、甲虫類、カメムシなどいろいろ。 1年生と・・・

    続きを読む

  • 2017年7月7日

    7月の増穂実習場(タニギキョウ)

    ケリ

    田んぼにカモメがいる?と思ったら、ケリだった。 林道の脇にヤグルマソウの花。 バイカウツギの花弁は4枚。 サラサドウダンにモリアオガエルの卵塊が。 足元にタニギキョウの小さい花を見つけた。 僕の好きなタイプだ。 実習中にはいろいろある。 こういう出会いが一番楽しい。 (みず)

    続きを読む

  • 2017年6月28日

    イチゴ食べ放題

    DSC07461

    今、山はイチゴの季節。宝石のように輝くモミジイチゴやニガイチゴがたくさんなっている。 全部タダで採り放題、食べ放題(なんて素敵な響き)。 僕も学生も実習中にむしゃむしゃ食べた。甘くておいしい。 でも、ある人に見せたら「とびっ子みたい」と言われた。 うーん、もうとびっ子にしか見えない。 (沖)

    続きを読む

  • 2017年6月23日

    6月の増穂実習場(ユキノシタ)

    チョウトンボ

    ユキノシタが群生している場所を見つけた。 思わず足をとめた。 ユキノシタの花は人の心を奪う。 きれいだな。 どうしてこんな形になろうと思ったのだろう? 考えていたら、時間を忘れた。 (みず)

    続きを読む

  • 2017年6月1日

    6月の増穂実習場(ヒメマイヅルソウ、トウゴクサバノオ、サナギイチゴ)

    00スノキ

    増穂実習場にいると、季節の移り変わりをとても強く感じる。 実習場周辺でヒメマイヅルソウが咲いているのを見つけた。 こんなところにいたのか。きれいだな。 櫛形山で美しい花に出会った。 トウゴクサバノオ。 面白い名前はこの形から。 そしてサナギイチゴ。 初めて見た。 素敵な出会いがあると嬉しくなる。 (みず)

    続きを読む

  • 2017年5月24日

    高嶺の桜と山の紫陽花

    DSC07005s

    増穂実習場の裏手にある標高2,052 mの櫛形山は、まだ早春の様相。木の葉も展開していない。 平地の桜はもうとっくに散ってしまっているけれど、そんな高嶺に咲く桜、タカネザクラは今が満開。 紅の縁取りがある小さな花が下を向いて控え目に咲いていて、とても可愛らしい。 そんな高嶺から学校に降りてくると、玄関先のヤマアジサイが綺麗に咲いていた。 また今週も学生たちと、山に行く。 (沖)

    続きを読む

  • 2017年5月17日

    5月の増穂実習場(チゴユリなど)

    5月の増穂実習場

    2年生の野外実習、増穂実習が今年も始まった。 増穂実習場ではキリの花がどんどん咲いてきている。 ウスギヨウラクを見つけた。 葉の形と花がとてもかわいい。 キランソウ。 別名ジゴクノカマノフタ。 じっくりと花を観察してみた。 こんな感じで花粉がついているのか・・。 初めて知った。 ニリンソウがとてもきれいに咲いている。 ワチガイソウを見つけた。 こちらはヒゲネワチガイソウ。・・・

    続きを読む

  • 2017年4月14日

    TCEで最初の実習を実施しました

    P4130286

    入学式の翌週はガイダンス週として、カリキュラムなどを確認する授業や、フィールドワークの基礎中の基礎を学ぶ授業・実習を行います。 その中にはTCE東京環境工科専門学校に入学して最初の実習となる、『上級救命講習』と『植物観察実習』があります。 東京消防庁本所消防署にて実施した上級救命講習では、心肺蘇生やAEDの使用方法、応急手当、搬送法などについて演習を交えて学びました。 この上級救命講習を通して救命に必要な知識と技術を身につけ、いざという時には「大丈夫です・・・

    続きを読む

  • 2016年12月16日

    “皮から革”工場

    kawahoshishiro

    野生動物管理コースの3年生と、なめし工場にいってきました。 “なめす”とは、体表面組織の“皮”から、素材としての“革”へ加工する工程。 おじゃましたのは学校と同じ墨田区にある山口産業さん。 こちらを訪れた目的は2013年から始まったMATAGIプロジェクト。 シカやイノシシなど、捨てられがちな獣皮の活用をサポートする取り組みです。 工場でなめす素材のメインはブタやウシ。 獣皮はメインの余力のなかで対応します。 加工を待つ塩漬けの毛皮。・・・

    続きを読む

  • 2016年11月17日

    菊を乗せた鳥の王様

    DSC_3849-min

    はじめまして、2年の仲田です。今回は増穂実習で観察することができたキクイタダキについて紹介します。 キクイタダキは、漢字で「菊戴」と書きます。頭の黄色い羽を菊の花びらに見立て「菊を戴く」としたのが名前の由来です。ちなみに、ヨーロッパでは黄色い冠を被っているように見えるため、「鳥の王様」ともいわれているそうです。かっこいいですよね! 普段は、留鳥・漂鳥として北海道や本州の亜高山帯~高山帯の針葉樹に生息し、果実や虫などを食べて生活しています。日本最小の鳥でとても小さく・・・

    続きを読む

記事一覧へ