オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2年制 自然環境保全学科 自然環境保全コース

2年制

自然環境保全コース

自然環境をよく知り、
守り伝える人材を育成します。

森林や河川、都市に至るまでさまざまな環境の保全・管理に関する知識と調査・分析手法などを講義や野外実習を通して学び、行政や民間団体で自然を守り、その大切さを伝え広める能力を身につけます。

講義

自然環境の保全や管理について

森林・河川・国立公園といった自然環境を保全・管理する具体的な技法を学びます。生態系を活かした近自然河川工法、ビオトープなど、近年注目されている保全方法などについても実例をまじえて学びます。

自然公園論、自然再生、生物多様性概論、森林保全と管理 など

自然環境教育や普及啓発について

地球環境の現在に始まり、環境教育の国内外の理念・取り組み方、自然環境を一般の人々に解説する際に必要な知識・ノウハウまで総合的に習得します。

環境教育、インタープリテーション実習 など

科目の紹介

  • 自然公園論

    自然の景観や野生生物のハビタットを保全する目的で設定されている、我が国の多様な自然保護地域について多面的に学ぶ授業です。

  • 自然再生

    自然再生は、生物多様性保全を目的として、生物の生息地の保全と創出のために必要な技術の基礎から応用事例を学ぶ授業です。

  • 生物多様性概論

    「生物多様性」とは一体何か、そして現在の生物多様性がどのようにして生み出され、現在どのような問題に直面しているかを体系的に学習します。

  • 環境教育

    環境コミュニケーションの基礎である自己理解と他者理解を進めるとともに、野生生物に関する環境教育の理論と体験学習の手法を体系的に学びます。