オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら
  • 2017年3月20日

    春分

    春分01

    寒いので、しばらく冬眠していた。 この冬、いろいろなことがあった。 人生は何がおこるかわからない。 もう春がきていることは知っていた。 でも、まだ起きたくなかった。 起きなくてはいけない。 でも、布団の中でゴロゴロしていたい。そんな気分。 もうかなり暖かい。 さすがにそろそろ・・、と思っていたところ、田舎からキクザキイチゲが届いた。 何だか目が覚めた。 今日から春だ。 (みず)

    続きを読む

  • 2017年3月15日

    ぷるぷるの卵

    saruran1

    親ガマたちが去って久しい錦糸町の池。 アカガエルの産卵が始まった。 まだ膨らんでいないものが多く、ここ1,2日以内の産卵。 昨年より10日以上遅い。 ちなみに今年は他の地域でも遅いようだ。 この公園でみられるのはニホンアカガエル。 手のひらにのせると、プルプルの弾力。 (ヤマアカガエルの卵は弾力が無く崩れるので、区別できる。) ニホンアカガエルも最近減っているカエルの代表。 でも、この池のアカガエル・・・

    続きを読む

  • 2017年3月10日

    第22期生の卒業式

    Rs_P1150102

    2017年3月10日に、第22期生の卒業式が執り行われました。当日は多くの保護者様にもご列席いただき、誠にありがとうございました。 この2年間、多くの講義を受け、各地での実習を実践し、それぞれの課外活動で経験を積んできた学生たち。入学式と同じ会場のこの教室が、2年前より狭く感じたのは、彼らが自然を守るプロとして成長したからかもしれません。   校長先生から、卒業生ひとりひとりに卒業証書が授与されます。 2年間で最後のこの日。一・・・

    続きを読む

  • 2017年2月27日

    今年は持久戦

    hikipair

    晴天が続いてカラカラだった錦糸町。 先週月曜の雨でスイッチが入り、ガマたちが池に集まり始めた。 その後急に寒くなり、オス達は合戦の機会をうかがう持久戦。 ようやく産卵したのはこの週末。 蛙合戦の激しさを物語るのが卵の跡。陸上にもちらほら。 乾き具合をみると産卵は日曜日? 近年、都内ではガマ(ヒキガエル)が減っているらしい。 その原因はよくわかっていないようだ。 この都市公園の池に集まるガマたちは、外見からすると、最近西日本か・・・

    続きを読む

  • 2017年2月10日

    最後の授業

    DSC06435-min

    テスト週間が終わり、2年生最後の授業は、TCEらしく馬入水辺の楽校でおこなう野外実習となりました。前回アズマネザサを使って作ったカントリーヘッジ(自然素材の柵)は、枯れていい感じに景観に溶け込んでいました。 今回おこなったのは、生きものの大切な住処や繁殖場所となる湾処(わんど)の整備とヨシ原の管理。当校卒業生で講師でBiotopGuild代表でいつもお茶目で学生から大人気な三森先生↓指導の下、TCEの学生がここ数年継続して管理を行っている場所です。 ・・・

    続きを読む

記事一覧へ