オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら
  • 2020年7月5日

    あと1つでコンプリートだったのに・・・

    写真 2020-07-03 9 07 11

    6月のとある河川敷近くで、なんとなく生き物の気配を感じた(吉)です。 視界に飛び込んできたのは真っ白な壁にくっついたジャコウアゲハの前蛹です。前蛹とは、幼虫が蛹(さなぎ)に変わる直前の状態のことで、イモムシの体がぎゅっと縮こまっています。ちなみに上が頭で、体を糸で上手に固定しています。 さらにその近くには、蛹もみつかりました。この蛹は頭が左下を向いています。ジャコウアゲハの蛹は「お菊虫」と呼ばれることもあります。なんでも捕らわれたお菊さんが後ろ手に縛られている・・・

    続きを読む

  • 2020年7月3日

    Marvelous 櫛形山

    IMG_4560_R

    実習で使用する機材の運搬などで増穂実習場に足を運びました。季節は初夏から夏に向かっていますが、実習場は標高が高いので6月初旬くらいの陽気で涼しい環境でした。久しぶりに実習場へ行ったので、現状把握のためにも櫛形山に登ってみました。けっして趣味や興味本位では無く、実習場の把握のために登りました。けっして・・・。 櫛形山の登山道ではコアジサイが咲いていました。葉や花が小さいので、覚えやすい植物です。道中ではキビタキやミソサザイなどの他にエゾハルゼミがよく鳴いていて生物たちは活・・・

    続きを読む

  • 2020年6月26日

    2020 馬入実習

    IMG_0444_R

    今年も馬入で日帰りの実習が始まりました。 コロナ関係で新年度から実習を実施出来ていなかったため、今日は久しぶりの実習です。はじめに室内で概要を聞いて、活動場所の河川敷へ向かいます。 活動場所に到着し、ここの植生や生物などについての説明を受けます。 ぐるっと一周してます。 河川敷で陸域の説明を受けた後は、河川でタモ網・サデ網・投網を使用して生物採集をしていきます。学生は思い思いの場所へ向かっていきます。 一斉にタモ網・・・

    続きを読む

  • 2020年6月18日

    肯定的に

    ソメイヨシノの木の幹に変なアリをみつけた よく見ると、胸の背中側あたりが赤っぽく 背中に2本のかぎ状のトゲが生えている カッコイイ! 写真を後日、昆虫専門のみず先生にみてもらう 名前は見た目のまんま「トゲアリ」 しかし、ありがちな名前とは裏腹に、 "一時的社会寄生"というユニークな生態を持っていることを教えてもらう  <トゲアリの生態>  トゲアリの女王アリは、結婚飛行の後、  クロオオアリなど他の種類のアリ・・・

    続きを読む

  • 2020年6月15日

    燻製しました

    IMG_4435_R

    自宅でのテレワーク中(4月)に、最近やってなかった燻製をしてみた。牛肉と豚肉を燻製だ~ 普段は全く料理をしない私だが、燻製はそんな人に向いていると思う。さらにテレワークのように家から出ない環境ではうってつけ! まずは塩を大量にまぶした肉を袋に閉じ込めて、1週間冷蔵庫へ ↓一週間後 このままではしょっぱいので、塩抜きのために水に漬けて放置だ。本当は流水がいいらしいですが、今回は1時間おきに水の取り換えをしました。 5時間くらい経ちま・・・

    続きを読む

  • 2020年6月10日

    ビワ

    01

    無性にビワが食べたくなる時がある。 別に食べなくても平気だけど、そう思わせている時点で、僕はビワに負けているのかもしれない。 ビワはバラ科で、葉が特徴的。 高い木になる。 そういえば増穂実習場に大きなビワの木がある。 そばを通るたびにビワの気分になった。 やっぱり後で買いに行こう。 (みず)

    続きを読む

  • 2020年5月25日

    増穂実習生きものクイズ シーズン2 チョコレート編

    00

    こんにちは、教員(みず)です。 コーヒーを飲みながらチョコレートを食べると幸せです。 というわけで、シーズン2の最終回、チョコレート編では増穂実習場で出会えるかわいい昆虫たちを紹介します。 第1問 第2問 第3問 第4問 第5問 第6問 第7問 第8問 第9問 第10問 どいつもこいつも懐かしい。 振り返ってみると、いろいろな思い出があります。 画像などで記録・・・

    続きを読む

  • 2020年5月22日

    増穂実習 生きものクイズ 番外編シーズン2 -その5-

    IMG_5615_R

    今週は番外編を続けてきましたが、これで5回目になります。シーズン1を含めて重複した種を除くと鳥類は70種くらい出題してきました。日本で鳥類は600種以上確認されていますが、同じ地域(観察地)なら四季を通じて100種届くか届かないかくらいが観察できる種数だと思います(環境の多様さで変わります)。このクイズで出題した種+50種くらい自分で覚えられれば鳥の世界が広がるので調べてみて下さい。   番外編 第38問 冬季は平地でもよく見られますが、夏季はほと・・・

    続きを読む

  • 2020年5月21日

    増穂実習 生きものクイズ 番外編シーズン2 -その4-

    IMG_4110_R

    今回、夏季では山地や森林に生息する種を出題していきます。増穂実習は少し標高の高い場所なので、出会える可能性がありますよ。   番外編 第29問 近所で見かける種に似ていますが、蝶ネクタイはありません。上面に2本の白線が見えるのが特徴です。   番外編 第30問 鳥類には珍しく垂直に木の幹を逆さに移動出来ます(上から下に)。幹の周りをクルクル動き回るので見つけたと思ってもすぐに裏に隠れてしまうこともあります。さえずりは連続・・・

    続きを読む

  • 2020年5月20日

    増穂実習 生きものクイズ 番外編シーズン2 -その3-

    002_2019年09月07日、15時00分18秒_R

    本日の番外編は、池や湖沼の他に水田などで見られる鳥類になります。シギチドリの識別は難しいので入りづらいですが、全部を知らなくても普段でも見かける可能性のある種類や特徴的な種類を覚えておくと興味が湧いてくるかもしれません。   番外編 第20問 赤い嘴が特徴的です。   番外編 第21問 この種が属する科の中で最小の大きさです(日本に生息する種類)。響くような鳴き声が茂みの裏からでもよく聞こえるので、存在が分かりやすい鳥で・・・

    続きを読む

記事一覧へ