オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

自然環境保全コース 野外実習・PICK UP プログラム

野外実習

都市近郊実習では、首都圏に残っている身近な自然の中で実習を行います。

科目

博物展示施設実習、環境造園実習、流域保全管理実習など
例)都内各地の都市公園見学、多摩動物公園でのビオトープ施工実習、鶴見川流域での保全活動 など

長野県黒姫、山梨県増穂、鹿児島県屋久島の3つの実習場で学ぶフィールドワークは当校最大の魅力です。

科目

野外活動技術、植生調査実習、野生動物調査実習、植生管理実習 など

自然環境保全コース PICK UP プログラム

  • 自然再生プログラム

    人間の活動によって変わった環境を本来の姿に戻す環境復元活動を行います。生物多様性保全を目的とし、生物の生息地の保全と創出のために必要な技術を学びます。

  • ビオトープ実習

    都市部に残された貴重な動植物を保全するため、景観や環境に配慮したビオトープ施工を実施します。

  • 森林管理プログラム

    森林の保全や山の管理(治山)のためには、人の手を加えることが必要です。実際の作業を通じて技術の習得や森林管理への理解を深めます。

  • 博物展示施設実習

    博物館や動植物園、都市公園、ビジターセンター等を訪問し、解説や展示内容から自然や動植物等に関する知見を得ると共に、それぞれの施設での展示方法や活用方法などを学びます。

  • インタープリテーション実習

    地学的、生物的、人文的視点から素材を抽出して、プログラムを作成し、野外での解説活動を実践します。インタープリテーション技術を習得し、場所のメッセージを他者に伝えることができると共に、環境教育の企画力、表現力を養います。

実習Photoコレクション