オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2013年 7月 16日

猿江公園のクマゼミ

7月上旬の夕方に、学校近くの猿江公園を歩いているとセミの幼虫が期を登って
いるのを発見しました。
クマゼミ幼虫web.JPG
最初は「どうせアブラゼミか、ミンミンだろう」と思ってみたのですが、かなり
大きい。しかも、教員(吉)のふるさとの大阪でよく見た覚えがある・・・
正体はクマゼミでした!
クマゼミは体が大きい他に、幼虫のお腹に「でべそ」があることで、簡単にアブラや
ミンミンと区別できます。中脚と後脚の間に大きなデベソがあるでしょう?
デベソweb.JPG
この幼虫を持ち帰った学生がカーテンに止まらせて羽化の一部始終を写真にとって
くれました。幼虫の背中から成虫が出てくるのですが、途中で「イナバウアー」の
姿勢になります。野外ではこの時点で天敵に襲われて命を落とすことも少なくないようです
イナバウアーweb.JPG
このクマゼミは無事に羽化できたようです。抜け殻にしっかりとつかまって、あとは
体と羽根がしっかり固まるのを待つだけです。
成功web.JPG
ちなみに都内でクマゼミの姿を見たのはこれが初めての教員(吉)でした