オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2015年 4月 1日

春の花(低山にて) つづき

前回の「春の花(低山にて)」の続きです。
林道から、沢のほうへ下りてみました。
湿った場所に白い花がたくさん咲いていました。
IMGP0204.JPG
ハナネコノメです。
雄しべの赤い葯が白い花に映えます。
白く見えるのは花弁ではなく萼裂片です。
葯が列開すると、下の画像のように黄色い花粉が顔を出します。
IMGP0205.JPG
こちらもまたきれい。
春はネコノメソウの仲間の開花シーズン。
こちらは日陰に生えていたヨゴレネコノメ。
IMGP0207.JPG
開花までもう少しかな。
水しぶきを浴びるような場所に咲いていたタチネコノメソウ。
IMGP0206.jpg
とても小さな花です。
苔むした岩の上に生えていたチャルメルソウの仲間のコチャルメルソウ。
IMGP0208.jpg
変わった名前ですが、花の形が木管楽器のチャルメラに似ていることが由来とか。
IMGP0209.jpg
チャルメルソウの仲間は、このコチャルメルソウ以外は分布が限られています。
変わった花なので他の種類も是非見てみたいです。
他にもう少し花が見れましたので、また次回に。
(石)