オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 11月 8日

オナガバチの長~~い産卵管!

10月下旬の都内の公園で、オナガバチのメスを発見しました。写真の通り、ものすごく
長い尻尾(正確には産卵管です)をしています。
長い産卵管は樹木の中にいる昆虫の幼虫に産卵するために発達したものですが、かなり
柔らかそうですし、一体どうやって樹木に突き刺すのか不思議でした
横の姿web.JPG
そんなことを考えながら木の反対側に回ってみると、たくさんのオナガバチが群がって
いました。産卵中の個体がいたので良く見ると、なるほど、腹部を鞘のように利用して
いるように見えます。たしかにこうすれば、力を込めやすそうです
産卵その1web.JPG
それにしても木に刺さっている部分がやたらと太く見えますね。不思議です
オナガバチの1種web.JPG
さて、このハチの正体ですがよくわかりません・・・図鑑にはオオホシオナガバチが
よく紹介されていますが、写真の種の翅には斑紋がありません。そういうことで、
オナガバチの1種(Megarhyssa sp.)ということにしておきます    (吉)