オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 9月 30日

張り付くタニシ

 

学校とは背中合わせの田螺稲荷。

 

田螺稲荷.JPG

 

張り付いたタニシによって周囲の火災から守られた”いわれ”から「火防せ」の神様として知られます。

 

一方、現代。故事でも逸話でもなく、水路の壁に張り付く巨大なタニシがいます。そしてその後に残されたもの。

 

卵塊1つ.JPG

 

スクミリンゴガイ(俗称ジャンボタニシ)の卵です。

 

南米原産。寒さは苦手。北限は茨城で、房総では、最近まで限られた場所でしかみられませんでした。ところが今や、九十九里地域ではどこでも簡単に見られるほど。

 

卵複数.JPG

 

在来のタニシと比べると一回り以上大きく。農業被害も深刻だとか。のどかな里山に似つかわしくないその存在は、世界の侵略的外来生物にも選ばれる厄介者。

 

 ジャンボ比較.JPG

 

暖冬・温暖化。彼らの分布拡大に影響しないこと願うばかりです。

 

(小)