オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 11月 21日

鶴見川源流での植生回復実習2012(その1)

例年と同じように今年も鶴見川源流ネットワークの皆さんの指導の下、鶴見川源流部での
植生回復作業を行いました。昨年の作業では、作業区域の除草を行い、近くに自生している
エノキの実生を植えました。
その様子はこちらです
今年も同じ場所で作業を行いました。まずは繁茂した下草除去から始めるのですが、誤って
エノキを抜かないようにエノキの周りを丁寧に除草します。
エノキ周りの除草web.JPG
すると1年かけて育ったエノキが姿を現しました
うえたエノキweb.JPG
お次は一気に除草作業です。今回は学生、教員、鶴見川源流ネットワークの方々の総勢
80名が一気に作業を開始するのでみるみるうちに作業は進みます。
草抜き人海戦術web.JPG
普段は源流ネットの方々が管理して下さっているのですが、それでも途中でアレチウリを
見つけた学生もいます(特定外来生物です。もちろん、駆除対象です)。
アレチウリを引き抜く学生web.JPG
そうこうしている内に昼飯の時間になったので、みんなで弁当を食べて休憩です・・・と
思ったら、数名の学生がエノキに釘付けになっています。
エノキに群がる学生web.JPG
正体はアカボシゴマダラの幼虫でした。ここ数年、関東で急速に分布を広げている外来種で、
鶴見川流域でもたくさんいます。よく観察するとエノキの株にたくさんついていましたが
すべてアカボシゴマダラでした。もしかするとアカボシゴマダラの駆除も検討する必要が
あるかもしれません
アカボシゴマダラ幼虫web.JPG
鶴見川源流での実習の続きはまた次回お届けします。           (吉)