オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 11月 23日

鶴見川源流での植生回復実習2012(その2)

鶴見川での実習の後編です。昼食後はいよいよ笹藪との格闘です。写真の右手に
見えるこんもりとした緑の山がアズマネザサの群落です。学生と比較してもらうと
どのくらいの高さか想像しやすいかもしれません
ネザサ刈り開始web.JPG
まずはアズマネザサに覆い被さるように生えているクズの除去からスタートです。
クズが付いているとネザサを刈っても運び出せないのでこの作業は欠かせません。
かなりの重労働ですが、学生達は授業を聞いている時とは比較にならないほど
イキイキとしていました
クズの除去web.JPG
クズが無くなればネザサの除去に着手します。アズマネザサを刈る者、刈り取った
ネザサを運ぶ者、紐で結わえる者・・・ものすごい勢いでササ刈りが進みます
ササを刈る者と運ぶ者web.JPG
笹の運搬web.JPG
笹を結わえるweb.JPG
この日の午後だけでは作業は終わらなかったのですが、翌週も同じ作業を続けたところ
笹藪にこんなに大きな風穴が開きました(ここまで作業が進むとはビックリです)
作業終了後の笹藪web.JPG
そして最後は、笹藪に埋もれかけていたエノキの大木の周りで記念撮影となりました
エノキの下で記念撮影web.JPG
今年中にもう一度、この場所で作業を行う予定です。最終的な仕上がりが今から楽しみ
です。鶴見川源流ネットワークの皆様、いつもありがとうございます  (吉)