オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 10月 9日

イナゴのようでイナゴでない。その名は・・・イナゴモドキ!

イナゴモドキweb.JPG
8月上旬に長野県黒姫にある実習場の草地でイナゴを見かけました。一見すると
腹部よりも翅(はね)がかなり長いのと、かなりたくさんの個体数がいたので
ハネナガイナゴだと思って写真を数枚しか撮っていませんでした
数日後、あらためて写真を見ているとどうもおかしい。イナゴより触角が長いし
前胸も小さい気がする・・・と思って図鑑を調べ直してみたら・・・
ありました、「イナゴモドキ」。イナゴとは別属だそうです。もともと山地性で
分布も広くはないようです。私も初めて見ました。
教員(吉)の故郷、大阪では絶滅危惧種のようです。どうりで・・・いえ、もしかしたら、
今までは認識できていなかっただけかもしれませんが・・・         (吉)