オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2020年 5月 11日

増穂実習生きものクイズ シーズン2 -その3-

こんにちは、教員(石)です
先週から始めている「増穂実習生きものクイズ シーズン2」の続きです
「-その3-」は魚類です

増穂実習場周辺の水域では主にコイ科魚類が多く確認されます
見分けにくい魚もいますが、体形や体色の他、「鱗の細かさ」「ヒレの形状や位置」「髭の有無」なども参考に同定してみてください

第18問
IMGP-S2-018①

IMGP-S2-018②
普段は大河川や湖沼に生息していますが、繁殖期にはかなり細い水路にも入ってきます
2枚目の写真は幼魚です。髭のあるオタマジャクシといった感じ

第19問
IMGP-S2-019
この魚は長い間1種として扱われていました
ですが昨年、3種の存在が判明し、新たに2種が新種記載されました
水槽飼育時に砂底に潜って眼だけ出している時もあり、かわいらしい魚です

第20問
IMGP-S2-020
名前は油のような体表面のぬめりから
実習場周辺の水域では一番多く見られる魚類
メスは産卵時に川底を掘るため、繁殖期に吻端が伸びます(上写真)

第21問
IMGP-S2-021
素早く泳ぐのでタモ網では中々捕獲できず、主に投網や定置網で捕獲しています
繁殖期は鮮やかな赤色の婚姻色がでます

第22問
IMGP-S2-022
日本人には、なじみ深い魚
食べても美味しいし、釣りの対象としても人気があります
実習場周辺では一つの河川で確認されるのみで、放流と天然物の両方がいるようです

第23問
IMGP-S2-023
日本の淡水魚の中では、もっとも婚姻色が美しいという人も多いです

第24問
IMGP-S2-024
日中は主に石の下などに隠れていて夜に活動します
美味しい魚ですが、日本各地で減少傾向にあります

第25問
IMGP-S2-025
都市近郊でも確認できる魚の一つ
釣りでも簡単に捕獲できて食用にされることも

第26問
IMGP-S2-026
実習場周辺の水域では22期生(2016年)ぐらいから確認されている外来種
食用や釣り餌用に輸入したものが逃げだしたと考えられています

第27問
IMGP-S2-027①

IMGP-S2-027②
これも外来種で増穂実習では20期生(2015年)がはじめて捕獲しました
冷水域を好み、実習では1か所でしか確認されていません
1枚目がオス、2枚目がメスです

 

さて、「-その3-」はここまでです
増穂実習では、今回載せた魚類以外にもイワナやヤマメなどの渓流魚や、オオクチバス、ブルーギルなどの特定外来生物を含め、計30種くらいの魚類が確認されています。

次回からは、両生類や爬虫類、昆虫なども紹介(出題)したいと思います
引き続き、お楽しみに

(石)