オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 5月 15日

パロポ峠の宿

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

峠で食堂をやっているガラさんの家に泊めてもらいました。上の写真がGara's Houseです。食堂をやっているくらいですから食事は朝晩ちゃんと出てきます。煮るにしろ焼くにしろ、きちんと火を通してあるのがインドネシアスタイルと見ました。食中毒の心配があるような食べ物は少ないです。一昔前の東南アジアは必ず一度腹を壊しましたが、原因は水や油などさまざまです。
食事のいったんはこんなものです。
食用シダの「クワレシダ」炒め。あく抜きしないでよいので良く食べられます。タイでも食べました。
魚はパロポの町から毎日バイクの魚屋さんが売りにくるので豊富です。
飯は水稲。貯蔵に難ありなのでたいてい「コクゾウライス」(コクゾウムシ、ココクゾウムシなどの幼・成虫が混じってる。成虫はすぐわかるけど幼虫は?)ゴマだと思って食べてしまうのが正解です。
コロッケなどもあって、食卓は豪華でしょ。
ガラさん一家との記念写真。
最後は「シャワールーム」です。東南アジア共通ですね。(Ku.Ma.)