オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2016年 10月 20日

なまず実習

チャネルキャットフィッシュ(CCF)。またの名をアメリカナマズ。

3年生の実習で湖沼の外来生物調査に行ってきました。

まずは様々な調査方法を身につけることから。
現地の大学にお世話になりながら進みます。

ナマズ釣りでは、船で沖まで。
boat

2時間の釣果は冒頭の写真のとおり。
水温が下がって釣れなくなってきているとはいえ、大物ゴロゴロ。
でかいし、多いし、雑食性だし。特定外来生物の指定もごもっともです。

 
teichiami2
こちらは定置網

他にも地引き網、投網、さで網、タモ網などなど。漁法によって採れる生物のちがいをみます。

siwake2
種ごとに仕分け作業。

外来種はオオクチバスやブルーギル、オオタナゴなどなど。
在来種はワカサギやシラウオ、クルメサヨリ、テナガエビなどなど。

 

その後、湖の幸の一部はおいしくいただきました。

 

(小)