オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 11月 9日

ウラナミシジミ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

関東地方ではウラナミシジミは秋の蝶です。

魚に死滅回遊魚というのがいます。

夏の間稚魚が暖流に乗って分布を広げ、水温が限界まで下がるとそこで死滅します。

この蝶もそんな生き物で、無霜地帯でないと冬越しできません。

千葉県で越冬できるのは房総半島南端あたりといわれています。

冬越しした地域から夏の間に生息地を広げていきます。

野田市あたりでは夏の終わり頃になると姿を見かけ始め、10月に個体数が増えた感じがします。

回遊蝶とはいわないので、死滅放散と言うのでしょうか。

アメリカンフットボールでいうところのショットガン戦法みたいなもの?

翅の裏側が「さざなみ模様」になっているのでこの名前があります。

翅を閉じてとまると、後ろ翅をすり合わせるようなしぐさをします。