オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2011年 10月 24日

ミノカサゴ~インドネシア・ブナケン実習便り(28)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ミノカサゴ類は強力な毒をトゲに盛っていることで有名ですが、その姿は
観賞魚としても十分に通用するほど美しいと思います。もちろん飼育するのは
オススメできませんが(^^)。今回のブナケンでは、ネッタイミノカサゴと
ハナミノカサゴの2種を見ることができました。

まずはネッタイミノカサゴです。ミノカサゴ類も結構な種数があるので、
素人の種同定では心もとないですが、この写真は胸びれの膜(?)が先端まで
伸びていませんし、ネッタイミノカサゴで多分大丈夫でしょう(不安)。

次はハナミノカサゴ。この個体は胸びれも大きく広がって綺麗ですねぇ。

見た感じもかわいらしい顔です。これで毒さえなければなぁ、と思うのは
私だけではないと思います               (吉)

海外実習も充実!
東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp/