オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2023年 8月 7日

ナイトウォークでセミヤドリガを見つけた話

ナイトウォークと称して、都内公園で夜間観察会を実施しました。都内の一等地にも関わらず非常に大きな公園で、多くの生物が観察できます。

夕暮れ時はセミ幼虫と樹液回りを中心に観察を行い、アブラゼミ幼虫、ミンミンゼミ幼虫、カブトムシ、オオスズメバチなどが観察出来ました。日没後は公園内のライト下や道沿いの樹木等でアブラゼミの羽化やオオヒラタシデムシの捕食シーン、コクワガタ、ノコギリクワガタ等を観察し、更にコフキコガネからのアタック体験など、楽しい時を皆で過ごしていました。

アブラゼミの羽化

そんな中、更に胸躍る発見がありました。

LEDライトの光に照らされたミンミンゼミの腹部にボワンと光る白い物体が確認できます。

ミンミンゼミの腹部に白い物体が付着しています

セミヤドリガです。

ミンミンゼミの腹部に白い綿のようなものが付着しています。さらに拡大画像を見てみると

白い物体とともに、茶色い小判のようなものが付着していることがわかります。

白い物体はセミヤドリガの終齢(5齢)幼虫で、茶色い小判型の物体は終齢以前のセミヤドリガの幼虫です。

セミヤドリガは2週間ほどの期間をセミに外部寄生し、その後セミから離れて蛹になり成虫となって産卵します。産み落とされた卵は翌年のセミ羽化のシーズンに孵化し、寄生をするという段取りです。なんともセミに負けない生活史ですね。おまけに、単位生殖で繁殖できるという、不思議な性質まで持っています。

セミヤドリガを見たいなぁと思ってから、なかなか出会う機会が無かったセミヤドリガ。

大感激の一夜となりました。

あぁ、今夜も眠れない!

S田

<2023年9月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログ記事