オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 9月 6日

暑さでカラカラになった街路樹の葉っぱ?いいえ、犯人はこいつです。

今年も毎日毎日、暑いですね。そのうえ、東京では夕立もない日が続いています。
これだけ暑くてカラカラの天気が続くと、街路樹は、葉っぱがしおれて見ている
だけでも気の毒です。

先日も葉っぱが日焼けしたように白くなっているプラタナスを見た親子がこんな
会話をしていました。

被害にあったプラタナスweb.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供:「お母さん、この木は葉っぱが真っ白だよ」
お母さん:「本当ねぇ。こんなに暑いから、植物も焼けちゃったのね」

でも、プラタナスの葉が白くなったのは日焼けのせいではありません。犯人は
プラタナスグンバイという小さな昆虫です。姿形が相撲の行司が持つ「軍配」に
似ていることから、グンバイムシと言います。

プラタナスグンバイweb.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きさは5mmくらいで、か弱そうな透明な体をしているため、一生懸命探さないと
気がつかないくらいの昆虫です。でも、幹や葉の裏を探すと、ものすごくたくさん
います。この虫に汁を吸われて、プラタナスの葉は弱っているのです。
今の時期なら本当にたくさんいるので、みなさんも探してみてください (吉)