オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2015年 3月 24日

SSサイズのたまご

房総半島の水田では、あらおこしが始まり、暖かい日にはシュレーゲルアオガエルやニホンアマガエルが鳴き始めました。

 

この時期、谷津田付近の浅い池や水たまりでみつかるクロワッサン型のたまご。


トウキョウサンショウウオの卵のうです。


mizutamari.JPG

メス親は一対の卵のうを枝などに結びつけます。


ひとつの卵のうに入っている卵は普通20100個。


sansyoM.JPG


捜していくと、とても小さい卵のう発見!


sansyoSS.JPG


卵を数えると、14個と28個。


まだ若く、小さな親の卵でしょうか?

 

小さくても順調に発生していました。

 



 

トウキョウサンショウウオは各地で減少が心配されています。

 

順調に育っていって欲しいものです。

 

(小)