オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2015年 1月 30日

おたまのいろいろ

前々回の(小)のブログで、大きなオタマ達を紹介しました。

 

そのなかの写真でモリアオのオタマは黒いのだ!と思った人がいたかも。

 

実は、親のカエルほどではありませんが、オタマも環境によって色が違ったりします。

 


モリアオガエルを例にとると、

kassyoku.JPG

黒みがかった褐色タイプ。見る頻度は高めかな。



kuro.JPG

前々回紹介の黒っぽいタイプ。やや離れていてもオタマの種判別はしやすい。


shiro.JPG

そして白っぽいタイプ。岸や底が白っぽい泥のため池にいました。

 

アルビノなどの突然変異型でなくても結構、色の違いはあるものです。

 

 

図鑑では代表的な色ばかりで、バリエーションが載ってないことがほとんど。

 

野外で実際にたくさんの個体をみてみることは、生き物を覚える上で大切なことです。

 



(小)