オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 12月 25日

大きなおたま

 

寒い冬。この時期でも水の中では、じっと春を待つオタマジャクシ達がいます。

 

日本で冬を越すオタマは、外来種のウシガエルと在来のツチガエル類。

 

そして、冬を越すオタマ達はだいたい大きく成長します。

 

特に大きいのはウシガエル。全長15センチ越えることも。

ushiota.jpg

 

在来のツチガエル類も7センチを越えてきます(写真はサドガエル)

sado.jpg

ではこの黒いオタマ。

mori1.jpg

6センチを越えてきました。 何ガエルでしょう?

mori2.JPG

 

正解はモリアオガエル(撮影は8月)。年内にここまで大きく成長するのはたいそうご立派。

 

このオタマを捕まえた池では他のオタマ達もサイズが大きく、なにか特定の環境要因がありそう。

 

とても快適な環境だった? ひょっとして冬を越した去年生まれ?

 

 

身近なカエルも野外での生態はわかっていないことだらけ。

 

 

 

気になるところです。

 

(小)

 

並べてみると、オタマのかわいさは小さいからだということがわかりました。

(でかオタマファンの方 ごめんなさい)