オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 12月 12日

増穂実習場(自動撮影装置⑤)

増穂実習の自動撮影装置による哺乳類紹介の続編です。
今回はニホンザルです。日本の在来哺乳類では唯一の霊長類になります。
最初の写真のサルは、ハナレザルといわれる単独行動をしている個体です。
IMGP0061.jpg
通常は下の写真のように群れで生活しています。
くつろいでいる様子が実によく写っていますね。
IMAG0062.jpg
母ザルにくっついているのは、春に生まれた子ザルです。
IMAG0063.jpg
移動のときも、母ザルのお腹や背中などに、しっかりつかまっていますね。
(石)