オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 11月 25日

野生動物対策技術研究会

野生動物対策技術研究会(島根県益田市)にいってきました。

 

2日間という短い時間でしたが、有意義な時間で、島根ではたらく卒業生の活躍も垣間見えました。

 

 

初日は開催地の被害対策報告のあと、島根県中山間地研究センターと宇大で共同開発された簡易箱罠*の作成実習に参加しました。

 

材料.JPG

材料はワイヤーメッシュ、Lアングル(棚の支柱)、コンパネなど。

 

メッシュ組み立て.JPG

メッシュの端を処理してからクリップで留めていきます。

 

 

入り口枠.JPG

Lアングルを組み立てていきます。

 

入り口組み立て.JPG

メッシュの幅に合わせて枠の幅を調整します。

完成.JPG

扉、滑車などを取り付け、2時間ほどで組み上がりました。

 

通常は下準備や調整で半日はかかるとのことです。

2日目の講演・分科会では、鳥獣害対策の現状と課題について、報告と意見交換がされました。

 

大会.JPG

 

各地でますます深刻な鳥獣害の現状。興味ある学生にはこの分野でぜひ貢献して欲しいと感じました。

 

 

(小)

 

*罠の使用にあたっては狩猟免許が必要です。