オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 7月 23日

吸盤?分子間力?!


下の写真の中にある動物がいます。さて何でしょう?


ヤモリと木.JPG

正解はニホンヤモリ。この写真は学校の近所で撮影したもの。都市部でもみられる爬虫類ですが、地味な色かつ夜行性のため、いても見過ごされがちです。


ヤモリ.JPG

さて、このヤモリ。ガラス窓や天井に逆さまに張り付いて動くことができます。その仕組みとして、足の指にある無数の毛(電子顕微鏡で見えるレベル)と接地面との”分子間力により吸着できるといわれています。


足ヤモリ.JPG


カエルのような吸盤ではなく、分子間力?!


それを示すひとつの例として、分子間力がはたらきにくい物質の上で、ヤモリの吸着力を試す方法があります。


身近で分子間力が小さいもの。。。”フッ素樹脂加工したフライパン”の上ではヤモリは滑って張り付いていられないようです。(小)