オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 6月 30日

梅雨の晴れ間に

梅雨の晴れ間に、里山のトンボたちを観察してきました。

休耕田の周りに、モートンイトトンボが多数飛んでいました。
モートンイトトンボ♂.jpg モートンイトトンボ♂(眼後紋).jpg

オスは腹部先端のオレンジ色が目立ちます。

眼後紋(眼の後ろの模様)がハート型なのも特徴。

 

モートンイトトンボのメスも沢山飛んでいました。

モートンイトトンボ♀未成熟、成熟.jpg

未成熟なときは、左の写真のように体色がオレンジ色をしています。

成熟すると右の写真のような黄緑色に変化します。

イトトンボの仲間は、成熟すると体色が変化する種も多いです。

細い水路で、ふわふわ~と独特な飛び方をしている細長いトンボがいました。

モノサシトンボ雌雄.jpg

モノサシトンボです。オスは斑紋が水色(左の写真)、メスは黄緑色(右の写真)です。

名前のとおり、腹部には物差しの目盛りのような模様が入っています。

この里山では、夏のトンボシーズンに入っているようです。   (石)