オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2014年 5月 7日

コヒルガオとの戦い

春になって植物の生長が活発になると、学校前の小さな植え込みにも様々な花が
咲きだしてにぎやかになります。しかし、その一方で、今年もまた教員(吉)と
やっかいな外来植物との仁義なき戦いが幕を開けました。
(吉)が戦う相手は、コヒルガオ!植え込みを注意して見ていると、こんな弱々
しいツルが現れます。
IMG_0060.jpg
最初はほとんど気にならないのですが、放置しておくとあっという間に植え込みを
覆い尽くしてしまうほど成長が早いので要注意です。教員(吉)の自宅近くでは
すでにこんな場所も・・・
IMG_7489.jpg
ただ、このコヒルガオは結構きれいな花も咲かせるので、イネ科草本などと違って
雑草抜きの対象から外している人もいるかもしれません。実際に見た人であれば、
小さな朝顔みたいで可愛いと思うのではないでしょうか
IMG_0072.jpg
しかし、放置しておくと辺り一面はこの種に覆い尽くされてしまい、花の後には
種子もたくさん作って来年にはまた増えてしまいます。しかも、地下の根からも
どんどんと新しく成長しますので、駆除するためには地中を這うように伸びている
根を引きずり出さなくてなりません。
それでも、取り残した根からしばらくするとこんな風に新芽を伸ばしてきます。
IMG_0067.jpg
まったく油断も隙もありゃしません。今年も長い戦いになりそうです  (吉)