オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2018年 11月 19日

奥多摩でイヌ〇〇?!

こんにちは、2年の酒井です。先月、バイトで行った奥多摩にて、とんでもないものを見つけてしまいました!

山の中で望遠鏡を覗いていたら、遠くの方に、木に止まっている茶色い大きな鳥がいました。最初は「なんだろう、ミサゴかな?」と思って見ていました。しかし、同行していた鳥に詳しい父や、猛禽類の調査をしている方に確認してもらったところ、なんとイヌワシの若鳥だったのです!ずっと枝に止まっていて、翌日も同じところにいました。

とても大きくて、威風堂々とてもかっこよかったのですが、カラスにいじめられていて、ちょっとかわいそうでした。

学校で上沖先生に報告したら、とても羨ましがっていました(まだ野生では見たことがないそうです)。イヌワシは奥多摩では繁殖していないので、親元から離れて、分散している途中に立ち寄ったのではないか、とのことでした。

次からはミサゴと絶対に勘違いしないと思うので、またどこかで出会えたら嬉しいです。