オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2016年 2月 12日

里山の実 ~烏瓜(カラスウリ)~

秋に色づいたまま、冬になってもよく残っているカラスウリの実。
「烏瓜」は秋の季語だが、木々の葉が落ちた冬は朱色の実がとくに目立つ

87352
何かの動物(鳥?)が食べた痕が残っている実もあるが、鳥が食べているところを見る機会は少ない気がする

87353
熟した実の中には、黄色いぬるぬるに包まれた種子がある。
乾燥させると表面はごつごつ

87354
カラスウリの別名の「玉章(タマズサ)」は手紙の意味。
種子の形が「結び文」に似ていることから

さらにカマキリの頭の形にも似ているとの話も

87355
たしかに似ている

87357
この日も寒さが厳しかった

(石)