オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 4月 21日

道路脇の植物

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

TORAJAは標高700メートルに近い標高があります。この周辺の国道脇ののり面で水が染み出すような環境があると、食虫植物のネペンテス(Nepenthes spp.)やコウトウシラン、ナリヤランの仲間などが顔を見せます。西表のナリヤラン生育地と似た環境で、陽が当たる草地だけれど地面には水が染み出し、コシダがはえる環境です。コウトウシランは熱帯に広く分布し、昨年見た西表はまさに北限域の生育地にあたります。
インドネシアのコウトウシランは高さ1メートルを越えていました。(Ku.Ma.)