オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 12月 26日

蓮霧、釈迦頭

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

昨日に続いてトロピカルフルーツです。

蓮霧はレンブ、釈迦頭はバンレイシです。そういってもわかりにくいですよね。

レンブはフトモモ科(色っぽい名前です)の果実で、同じ科のフルーツでおなじみなのがグァバです。

ただグァバと違って歯あたりはシャクシャクし、中央部はスカスカですが、周りはみずみずしいです。

写真では判りづらいですが、高雄の伊勢丹で5個約240円でした。街中で買えばもっと安いです。

これからがシーズンで、産地の街道には「黒珍珠」(ブランド名か?)として売られています。

もうひとつの釈迦頭。お釈迦様の頭に似ているので「しゃかとう」です。

切ってもらった写真がありますが、黒い大き目の種の周りの白い果肉は、とっても甘くクリーミーです。

この仲間にはトゲバインレイシ、チェリモヤがあり、

チェリモヤとバンレイシが交雑したアテモヤというのもあります。

チェリモヤが一番おいしいらしく、アイスクリームの実などとも呼ばれています。

皮が柔らかく、遠くに運ぶのが難しいので、現地に行かないとなかなか食べることができません。