オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2020年 11月 17日

色付く木々(紅葉・黄葉)-その1-

昼夜の寒暖差が大きくなり、落葉樹や草本が色付いてきました。
先日、フィールドで見られた紅葉・黄葉をご紹介します。

ハウチワカエデ
PA150001-1
この時、一番色付いていたのがハウチワカエデ

PA150001-2
個人的には緑色の葉が残っている時のほうが好きだったりします

イロハモミジ
PA150002
紅葉が美しいことで有名ですが、赤くなるのはこれからという感じでした

ツタウルシ
PA150003
人によっては、かぶれに気を付けなければいけないウルシの仲間たち。
この時期、鮮やかに色付くので、「こんなところにもあったのか」と思うこともしばしば

ヤマブドウ
PA150004
他の木々に絡みついてかなり高いところまで成長するので、遠くからでも視認できました

ナナカマド
PA150005
紅葉の代表種。今回はきれいに色付いている木は少なかったですが、赤い実も含め秋の雰囲気はよくでていました

コバノガマズミ
PA150006
一部だけ変わった色付きをしていたコバノガマズミ

ヤマボウシ
PA150007-2
街路樹にもよく使われますね。
花の時期も、紅葉の時期も美しい

ツリバナ
PA150008
吊り下がった花もきれいですが、列開した実も風情あり

次回は黄葉していた植物たちを紹介します

(石)