オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2021年 3月 3日

小さくて黒いカラスは?

3月となり、近所ではウグイスやシジュウカラ、キジバトなど様々な種類がさえずってきて、どんどん春が近づいてきている気がします。そろそろミヤマガラスとコクマルガラスは北に行き見れなくなるかもしれませんね。しかし冬のカラスは奥が深いです。

こちらは数年前に撮影したミヤマガラスの群れです。この中に雰囲気の違うカラスが写っています。他のミヤマガラスに比べて・・・小さい?

大きさはこの前紹介したコクマルガラスと同じくらいですかね。また新しいカラスかもしれませんね。

電線にとまっている姿でも小さいのが分かりますが、知っていなければ見過ごしてしまそうです。

 

 

 

この小さくて黒いカラスは・・・

 

 

コクマルガラスなんですよね。前回紹介した白黒のコクマルガラスは成鳥で、真っ黒なコクマルガラスは若鳥となります。

カラスがいるよ~で終わらせずにしっかり見るのが大事ですね。

(ぎわ)