オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 1月 10日

台湾、墾丁公園、鵝鑾鼻灯台

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

何度かご紹介した墾丁公園です。これは園内の「毒生物注意看板」。

毒蛇、毒蜂、そしてムカデに注意です。

台湾にはタイワンコブラ、ヒャッポダ、タイワンハブ、アオハブ、アマガサヘビ等々

恐ろしい毒蛇が生息していますが、現在こうした公園で出会うことはほとんどないそうです。

スズメバチやムカデは日本よりは種類と個体数が多いですから、

それなりに注意はしなければなりませんが、恐れるほどではありません。

12月ということもあり、出会った爬虫類はこのキノボリトカゲだけでした。

灯台は台湾最南端にある「鵝鑾鼻灯台」。ウールンビー灯台です。

台湾の南端部の地形が、この鵝鑾の鼻の形に似ているんだそうです。

鵝鑾ってなに?

この東には猫鼻頭という観光地もありました。

灯台には中学生と思しき修学旅行客の団体が、明るくはしゃいでいました。

黄色いビニールガッパが印象的でした。