オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2020年 12月 21日

冬の楽しみカモウォッチ

日本でカモは、ほとんどが冬の鳥なので、この季節に観察が出来ます。カモといえばカルガモやマガモあたりを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、ハクチョウもカモである事をご存知ですか。

IMG_6478_R
【カルガモ】

IMG_5587_R
【マガモ】

ハクチョウはカモと同じ仲間であり、カモ目カモ科に属しています。では何が違うかと言うと、大きさが違います。カモの仲間は大きさでハクチョウ、ガン、カモの順で呼び名を変えています(分類の分け方ではありません)。そのため、冬はハクチョウとガンも含めてカモウォッチングを楽しみましょう。

・ハクチョウ(サイズ:大)>ガン(サイズ:中)>カモ(サイズ:小)

日本にハクチョウの仲間は少なく、普通見かける種ではコブハクチョウ、オオハクチョウ、コハクチョウがいます。ハクチョウと言う鳥はいないので、図鑑を片手に見分けてみてください。ハクチョウは大きくて、よく鳴くので、見やすくて感動する鳥です。

IMG_1654_R
【オオハクチョウ】


【コハクチョウ】

ガンの仲間はハクチョウより種類が多いです。しかし、関東ではハクチョウに比べて飛来数は少ないです。ガンはハクチョウを小さくしたフォルムで愛らしい鳥なので、家で飼いたくなります。


【マガン】


【コクガン】

ハクチョウとガンは東北や北陸にたくさんの個体が飛来しており、その雁行は圧巻であります。関東でも毎年同じような場所に飛来するので、一度見つかれば毎年その周辺で見れるかもしれません。今年のカモ(ハクチョウ・ガン)ウォッチが楽しみです。

※野鳥とは適度な距離を保って観察しましょう。

(ぎわ)