オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2021年 6月 9日

ブラシノキの種子と果実

学校近くの猿江恩賜公園とその目の前の道路には、ブラシノキが植わっています。
名前の通り、試験管ブラシのような形の赤い花が印象的です。

ブラシノキの花

これまで花にばかり注意を向けていましたが、
種子と果実も、なかなか個性的で面白いことに気がつきました。

木をよく観察してみると、やや内側の枝の上に、固いボツボツがあります。

ブラシノキの果実

何かの卵か、海岸の岩に貼りつくフジツボのようにもみえますが、
これがブラシノキの果実です。

中身はどうなっているのだろうと、気になっていたところ、
先日、知り合いから果実つきの枝を分けていただきました。

しかし、忙しさにかまけて、数日間、無造作に机の上にほったらかしていたら、、、

種子

ふと気がついたときには、果実が割れていて、
一面、粉のように小さな種子だらけになっていました。

ブラシノキの果実と種子

1つ1つの種子はわずか数ミリ程度です。
吹けば簡単に飛んでいきます。

ラン科植物の種子に似たサイズ感です。

これだけ小さい種子だと、その中に蓄えられているエネルギーは非常に少ないでしょう。
想像するに、ブラシノキが属するフトモモ科というグループは、
外生菌根菌と共生することが知られていますので、
足りない分のエネルギーを菌に頼りながら、発芽・成長しているのかもしれません。

原産地のオーストラリアでは、森林火災が起こると果実が割れて種子を放出するそうです。
機会があれば、今度は果実が割れる前に熱してみて、その様子をみてみたいものです。

(ふみ)