オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2008年 5月 6日

ハシブトガラスの狩り

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

急なことだったんですけど、北東北と北海道東部を旅してきました。

北海道別海の野付半島での出来事です。

ナラワラの湿地にオナガガモとヒドリガモが降り立って採餌していました。

そこへ突然黒い影が襲い掛かります。

黒い猛禽って?  なに? なに?

と思っていたら、なんとハシブトガラスが生きたヒドリガモを襲ったんです。

さすがに一発では仕留められないのでしょうけど、

暴れるカモを押さえつけて動かなくしてしまいました。

そしたらカラスがいきなり獲物を置いて、こちらに飛んできて電線に止まりました。

え! カモをいじめただけ?

いいえ、そこにオジロワシが現れたんです。

ハシブトガラスが離した獲物をガシッと掴むと、向こう岸に向かって飛び去ります。

それをカラスが追いかけますが、もう後の祭り。

なんだかものすごいシーンを目にしてしまいました。

少し遠かったのと、ネイチャーセンターの方たちと話していて

オジロワシが来たシーンを逃してしまいました。

ちょっと写りが悪いですが。

最後は飛翔するオジロワシです。

こんなシーンが目の前で繰り広げられる道東の自然って、やっぱりすごいですね。