オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 10月 11日

ハシカンボク、ナンバンギセル、アコウ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

なんかの呪文みたいですね。

上からハシカンボク、ナンバンギセル、アコウです。

ハシカンボクはノボタンの仲間で屋久島を北限としています。花はもう終わりの季節です。

ナンバンギセルはススキに寄生しています。これからススキの根元でよく見られます。

最後はアコウ。ガジュマルのように気根と幹がゆ合した育ち方をするいわゆる「溶樹」です。

クワ科イチヂク属なのもガジュマルと同じです。

アコウは今頃の季節、樹によって時期がずれますが、突然葉を全部落とします。

葉が落ちた後、芽が展開して若葉を開きますが、

葉をくるんでいた包が下に落ち、水面をうずめていました。