オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 10月 19日

スクーバダイビング-一湊の海

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

今日は屋久島一湊(いっそう)港でスクーバダイビング実習です。

海に入る基本を学んだ後海の中へ。

生き物好きにとって、海の中は陸とは違った魅力ある世界です。

初めて体験した学生が何人もいましたが、終わったあとのこの笑顔を見てください。

YNACの松本さんと、高橋インストラクター(本校OB)を囲んでの記念撮影です。

海の中の写真はカメラの関係でナシですが、この朝の一湊港の水揚げからご紹介します。

シイラ。佐渡でもそうでしたが屋久島でもマンビキと呼びます。

ものすごく曳く力がすごいという意味と、屋久島では同じ網に入ったトビウオを

食べてしまうので「万引き」という意味もあるとYNACの松本さんが教えてくれました。

もう一枚は、屋久島は一湊名物の首折れサバ(ゴマサバ)です。

水揚げ直前に首を折って活け締めしますから、刺身にして最高。

基本的に屋久島でしか食べられません。

皆さん屋久島に来て「首折れ」を食べませんか。