オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 7月 19日

カンボジアの子供たち

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

ラオスの変な食べ物ばかり紹介していましたが、ちょっと違った視点から。

10年前まで内戦の続いていたカンボジアですが、最近は日本をはじめ世界各国からの援助によって

国の再建が行われています。

ここはカンボジアにある大きな湖「トンレサップ」のほとりにある集落です。

トンレサップは雨季と乾季で湖面積が5倍も変化します。

この写真は乾季真っ盛り。水位が一番低い時期のものです。

家々は高床になっていて、この時期は階段で上り下りし、水位が上がると舟で出入りするわけです。

集落があれば子供がいて、その子供たちへの教育が大きな問題となっています。

カンボジアの将来を担う子供たち。

この笑顔を絶やさない国に育って欲しいと思います。