オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 9月 20日

アンコールワット

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

古くから知られるアンコールワットですが、このところ多数の観光客を迎え入れ、

シェムリアップの街はちょっとしたバブル状態のようでした。

建設中のホテルの数も結構ありましたし、韓国や日本からの観光客もたくさんです。

世界文化遺産となったアンコールワットですが、痛みはかなりひどい状態です。

写真にも修復中のシートが見えますが、何箇所かで修復が進んでいます。

アンコールワットの見学料はAPSARAという団体が徴収管理しているそうです。

1日20米ドルという料金は物価に比して安いものではありません。

年間100万人が訪れるので、総額は大変なものです。

カンボジアの一大産業といえますね。

10年前まで戦時下にあったカンボジアの復興は急激に進んでいます。

光と影をはらんで。