オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2017年 3月 15日

ぷるぷるの卵

親ガマたちが去って久しい錦糸町の池。

アカガエルの産卵が始まった。

saruran2

まだ膨らんでいないものが多く、ここ1,2日以内の産卵。
昨年より10日以上遅い。
ちなみに今年は他の地域でも遅いようだ。

saruaka
この公園でみられるのはニホンアカガエル。

saruran4
手のひらにのせると、プルプルの弾力。
(ヤマアカガエルの卵は弾力が無く崩れるので、区別できる。)

ニホンアカガエルも最近減っているカエルの代表。
でも、この池のアカガエルはガマ同様、おそらく人が持ち込んだもの。

里山で減りつつある生き物が、都会の公園で放されて生き続けているのは心境的に複雑だ。

公園でやっていけるしくみが、里山での回復に活かせるとかあればよいのだけど。

 

(小)