オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら
  • 2012年5月29日

    キモかわいい?ハバチの幼虫

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 桜が散る時期になると木の幹や葉にたくさんのガの幼虫がついているのを見かけます。そしてツツジが散り、サツキが咲くくらい暖かくなると、今度はチュウレンジバチやその他のハバチ類の幼虫が目に付きます。まずはコブシの木に大量についていたコブシハバチの幼虫です。こんな風に塊の状態でコブシの枝や葉にいっぱいくっついていました。大きさも申し分のない状態に育っていたので、ヒキガエル君のご馳走となりましたお次はバラの葉・・・

    続きを読む

  • 2012年5月28日

    多摩動物公園実習2012①

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 2012年5月25日(金)、多摩動物公園の実習を行いました。例年は2年生のみの実習ですが、今年は1年生も参加!集合時の学生の多さに圧倒されました・・・この日は遠足日和だったようで、幼稚園・保育園などの団体が5,000人位来ていたそうです。人波を避け、午前中は実習を行う場所周辺の植生について説明を受けました。植物の説明中、学生は先生の話に聞き入り、真剣にメモを取っていました。午後からは、1年生は動物公・・・

    続きを読む

  • 2012年5月25日

    インドネシア・ブナケン実習2012(Vol.3)

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) お待たせしました(誰か待っててくれた?)。 続きです。   海への出入りはこんなビーチです。 乗ってきた漁船があります。実習期間中チャーターして、海での移動はすべてこの船で行いました。マナドの港からは1時間くらいでした。土日には、マナドから観光客(金持ち中国人らしい)が水上バイクでやってきていましたが、7分(!)くらいで到着するんだそうです。漁船は原・・・

    続きを読む

  • 2012年5月24日

    三つ巴の千秋楽?~セダカコガシラアブ~

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 高尾山を散歩していてセダカコガシラアブを見つけました。昼下がりに太陽の光が当たっている木の看板に10匹ほどが集団で止まっていました。大きさは 5 mm 強くらいですが、背中が盛り上がっていて、とても面白い姿をしています。いったいどんな生態なのか気になって調べてみると、「札幌の昆虫」という図鑑に、「孵化した幼虫は若いクモを探し寄生する。クモの体内に入るとクモが最後の脱皮をするまで成長しない」とあります・・・

    続きを読む

  • 2012年5月22日

    19期生 春の綱島実習

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 東京環境校専門学校では、毎年秋になると鶴見川流域ネットワーキング(TR Net)の皆様に指導をしてもらって都市河川の植生管理実習を行っています。その様子はこちら↓http://blogs.yahoo.co.jp/tceblogs/61364970.html今年は自然環境保全学科の1年生を対象に春の綱島で実習を行いました。いつもの植生管理の実習ではなく、水生生物の採集・観察と昆虫採集の基本を学ぶ内容で・・・

    続きを読む

  • 2012年5月21日

    正一くんの求愛!

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) こんにちは! よしお先生に誘われてブログに記事を投稿することになった1年生のS.Sです(今どきどきしながら文章書いてます^p^)春のぽかぽかな陽気は、夏のギラギラした日差しに変わってきましたね。私は18日にあった学校の綱島実習で耳が日焼けしてヒリヒリしています(笑) さて、東京環境工科専門学校にはいろいろな生物が飼育されています。今回わたしが紹介するのはミシシッピアカミミガメの「・・・

    続きを読む

  • 2012年5月20日

    オナガアゲハ

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 毎年、春先になると黒色系アゲハチョウが一気に活動を開始します。平地ではクロアゲハやナガサキアゲハが目立ちますが、少し山地や川辺を歩くとカラスアゲハやミヤマカラスアゲハなど普段は目にする機会の少ない種にも出会えますそんな山地性の黒色系アゲハチョウ類の中から、今日はオナガアゲハを紹介します。幼虫は他の黒色系アゲハ類とは異なり、栽培柑橘(ユズやミカン類)、サンショウ、カラスザンショウではなく、川沿い等に生・・・

    続きを読む

  • 2012年5月15日

    世代交代のGW~ナミテントウの産卵とトホシテントウの羽化

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 今年の春はなかなか気温が上がらず、寒い日が多かったです。渋谷にある学校では連休中にフリージアが開花しましたさて、そんな天候不順にも負けずに生き抜く昆虫たちの姿を(勝手に)お送りしている当ブログ、今回ご登場願うのはナミテントウとトホシテントウですナミテントウは成虫で越冬し、冬には集団で越冬している姿が良く紹介されます。彼らは成虫で越冬した後、暖かくなると産卵します。今年はGW中に樹木の幹に産み付ける姿・・・

    続きを読む

  • 2012年5月11日

    夏の怪談話に向けて・・・

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) ゴールデンウィーク中、このような形のサナギを見つけました。ジャコウアゲハのサナギ。別名「オキクムシ(お菊虫)」と呼ばれております別名は、怪談話の「皿屋敷」に出てくる「いちまーい・・・、にまーい・・・」のお菊さんが後ろ手に縛られている姿に似ていることに由来してるそうです。何ともゾッとする名前ですが、成虫になると美しい姿に変身!麝香(じゃこう)のような匂いを発することから、名前がつけられたそうですが、実・・・

    続きを読む

  • 2012年5月9日

    教員(吉)の強力なライバル出現!その名はハシブトガラス!!

    (※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。) 「身近なガ」シリーズは、教員(吉)の近所の公園で撮影しています。冬の間はトイレ周辺にとまっているガが多かったのですが、暖かくなってからは見かけなくなりました。「何でだろう?」と思っていたのですが、ゴールデンウィーク中に原因が分かりました。どうやら同じ公園をなわばりにしている強力なライバルがいるようです!その正体は、こいつだ!そうです、ハシブトガラスです。公園内にはかなりの数のハシブトがいるのですが、・・・

    続きを読む

記事一覧へ