オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 4月 4日

身近な場所で見かけるガ(14)~冬の終わりを告げるフユシャク

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

春の嵐というにはあまりにも大きな被害をもたらした爆弾低気圧が去り、
東京は一転して良い天気となりました。これからは本格的な春の到来と
なるのでしょうか

ここしばらくの間はフユシャク類をメインにアップしてきた「身近なガ」
シリーズですが、今日ご紹介するのはホソウスバフユシャクです。

一見すると、ウスバフユシャクとほとんど変わりませんが、成虫の出現
時期が大きく異なります。ウスバフユシャクは東京では2月頃に成虫を
良く見かけますが、このウスバフユシャクは3月下旬頃に確認されます。
フユシャクなのに早春になって見つかることから「冬の終わりを告げる
フユシャク」といわれているそうです。

だんだんと陽気になり、教員(吉)が通っている公園で見かける昆虫にも、
早春のメンバーが増えてきました。いよいよ、にぎやかな春の到来です。

追伸)にぎやかな春と言えば入学式です。東京環境工科専門学校でも本日、
入学式がありました。入学式の様子は(余裕があれば)明日にでもアップ
したいと思います                (吉)

東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp