オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2006年 4月 23日

茨城のホソオチョウ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

昨日はいい天気の一日でしたね。
韓国から日本に持ち込まれ東京西部から山梨などに定着しているホソオチョウが、茨城県でも発生しているというので見てきました。
土手に生えたウマノスズクサを食べていますが、この場所は在来のジャコウアゲハも多く、その生息への影響も懸念されています。
春型のホソオチョウはなかなか美しい姿をしています。メスはオスよりだいぶ黒っぽいですし、枯れ草の茂みに入り込むので目立ちにくいようです。
ホソオチョウのほかにもツバメシジミ、ベニシジミ、ギンイチモンジセセリなど、春のチョウがたくさん舞っていました。(Ku.Ma.)