オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2008年 8月 23日

町の鳥、コジュリン。

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

先日利根川流域に行った時のことです。

目の前に小型バスが走っていて「町の鳥コジュリン」って書いてありました。

これがその写真です。

びっくりしました。

なかなか見られない鳥が「町の鳥」になっているなんて。

この町は東庄町(とうのしょうまち)です。

そういえば土庄町(とのしょうまち)って言うのが香川県にありました。

世界一狭い海峡の「土渕海峡」があって、渡ると証明証をくれるんですよね。

昔もらってしまったのを思い出しました。

全然関係ありませんでしたが、こちらは関東は千葉県の町です。

カモメ(神奈川)とか、ヒバリ(茨城)とか、ユリカモメ(東京)とか(ちなみに千葉はホオジロ)、

差し障りのない鳥がシンボルになることが多い中で、コジュリンは渋いです。

何でもこの町付近の葦原で繁殖するとか。

こういう特徴あるシンボルはいいですね。

イラストからはコジュリンだとはわからないでしょうけど。