オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 7月 6日

満開のコオニユリ

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

今年のお正月が開けた頃に、学生のY君が「田舎から持ってきたので食べて下さい」と
食用の百合根を持ってきてくれました。西日本ではお正月料理に百合根は欠かせない
食材です。教員(吉)も鱗片を1枚ずつはがして洗ってから茹でて、だしと醤油で軽く
味付けをしたところに卵を割り入れて食べるのが大好物です

ところが関東ではあまり馴染みがない(?)ようで、料理自慢の教員達がなかなか手を
出しません。結局、1月はかなり忙しかったこともあって料理できず、春になって植え
付けることにしました。

食用の百合根として売られているのは大抵は「コオニユリ」という種で(だと思います)、
園芸品種の百合と比べても遜色ない立派な花を咲かせます。しかも食用にするために
じっくりと育てられているので花付きもとても良いです。

見て下さい、この立派な花を。数日前まで学校の玄関を綺麗に彩ってくれていました。
本当は美味しくいただくべきものでしたが、ここまで見事に咲いてくれると、食べて良し、
植えて良し!と万能選手ですね。Y君、ありがとう!             (吉)

東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp