オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2012年 5月 24日

三つ巴の千秋楽?~セダカコガシラアブ~

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

高尾山を散歩していてセダカコガシラアブを見つけました。昼下がりに
太陽の光が当たっている木の看板に10匹ほどが集団で止まっていました。

大きさは 5 mm 強くらいですが、背中が盛り上がっていて、とても面白い
姿をしています。いったいどんな生態なのか気になって調べてみると、
「札幌の昆虫」という図鑑に、「孵化した幼虫は若いクモを探し寄生する。
クモの体内に入るとクモが最後の脱皮をするまで成長しない」とあります。

なんとなんとクモの体内に寄生するとは、姿だけでなく生活もずいぶんと
変わった奴です。いやぁ~面白い!

写真を撮っていたら、1匹の上に別の個体がマウントし始めました。「おっ、
もしかしたら交尾か!?」と思いきや・・・

さらにもう一匹!

まるで大相撲の千秋楽のように三つ巴となりました。残念ながら、この後は
3匹ともバラバラになって飛び去っていきました。      (吉)

東京環境工科専門学校
http://www.tce.ac.jp