オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 11月 13日

ミヤマスカシユリの薫る里展

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

11日の日曜日、久しぶりに茨城県自然博物館に行ってきました。

今、第41回企画展として「ミヤマスカシユリの薫る里(久慈川の流れにのって)」が開催中です。

茨城県北部を流れる久慈川流域の自然が紹介されています。

茨城県自然博物館は「標本の価値」をしっかり認識しているので、展示に説得力があります。

その中でこんな剥製がありびっくりしました。

「ツキノワグマ」です。

茨城県にはツキノワグマは現存していないはずなのですが。

解説を読むとどうやら福島や栃木からやってきている様子です。

日本全体の自然環境の質が低下しているので、クマも放浪をはじめているようですね。