オープンキャンパス
オープンキャンパス お申し込みはこちら

2007年 11月 30日

ホシ(犯人)とガイシャ(被害者)

(※この記事は旧ブログのものです。表示崩れ等ありますがご了承下さい。)

いつもの散歩道で見かけるものですが。

枯れ葉が落ちて、梢が見えるようになると、よりはっきりと目にすることができます。

バッタや蛾の幼虫、時にはカエル、トカゲ、ミミズなども、寒風の中にさらされます。

このバッタは無念そうに見えますよね。

腹部だけが突き刺さっていたりもします。

こんなことをする犯人は。

遠くてピンぼけながらその姿を捉えました。

「キチキチキチ・・・・」という雄たけびはよく耳にしますが逃げ足が早いんです。

まだ犯行の現場を目にしたことはないので、目に黒線を入れておきました。というわけではありません。

こんな模様なんですね。

縄張りの主張とか、非常食とか言われますが、動機の真相は不明です。

モズの「はやにえ(早贄)」の習性でした。